MARCY FITNESS

論文・本・経験から得たボディメイク・ダイエットの情報を載せていくブログ

【科学的に解説!筋トレはじめての人こそ知っておきたい筋肉をつける3つの条件】

前回の投稿と今回のテーマ紹介

 

前回は、ブログ開設の挨拶をさせて頂きました。

www.marcyworkout.com

 

体を大きくする目的で筋トレしてる人なら、この問題には結構困るんじゃないでしょうか。

 

高重量でやれ!

             or

しっかり丁寧に扱える重量でやれ!

☝️

いや、結局どっち!?

 

実際、高重量トレーニングでも丁寧にきかせるトレーニングでも、筋肉は大きくなってる人がいて、ますます混乱する!ってなりますよね(笑)

 

先に結論を話すと以下のようになります。

■結論■
どちらとも筋肥大の3つの条件に入ってるため、どちらでもいいが、できれば両方やった方がよい。

 

トレーナーとして活動していて、この問題は、お客様からよく頂く意見でもあります。

 

その問題を分かりやすく解説してくれている論文があるので紹介させて頂きます。

 

論文紹介

 

ブラッド・シェーンフェルト博士が発表したかなり有名な論文を紹介します。

 

2010年の論文

筋肉が肥大する要因は3つあり、しかも、それらすべて満たさずとも、1つでも満たしていれば、筋肉は成長するようです!

         

 【3つの条件】

    1.筋にメカニカルストレスを与える

          筋に強い負荷を与える

                     (高重量)

    2.筋の損傷を引き起こす

          筋に対してストレッチ性の刺激を与える

               (ストレッチ種目)

    3.筋に代謝物を溜める

          筋に乳酸などの代謝物を溜める

                 (パンプ種目)

 

このように、高重量は1の条件を満たし、

丁寧にやる方は、2か3の条件を満たしてると考えられます!

 

そして、この3つは全て満たさなくともよいため、パワーリフターの方達のように、高頻度で高重量トレーニングをしても、丁寧にきかせるようにトレーニングを行う方でも、どちらでも筋肉は大きくなる!という訳です。

 

まとめ

 

人間の体は、同じ事をすると、身体が慣れてしまい、停滞期にはいると言われている為、重量を変えたり、刺激を変えていく事をオススメします。

 

刺激を変える時には、種目を変えるのが手っ取り早いです。

 

ですが種目のバリエーションが少なくて変えれないという方には、こちらの本がオススメです!

カラフルで、ガチガチの教科書みたいな感じではないので、スラスラ読めて、さらに紹介されている種目数が、かなり多く、分かりやすいので、筋トレのマンネリ化防止にもなると思うので、是非読んでみて下さい!

 

以上の事から僕は、最初に書いた結論になりました。

 

そして、実は上記の3つの条件全て満たすことの出来る筋トレ方法があるのです…

 

まぁ、筋トレ好きの方ならなんとなーく察しているかもしれませんが…(笑)

 

次回は、その方法について投稿していきます!

 

(おまけ)

この投稿で載せさせて頂いた論文、かなーーーり内容が濃く、今回載せた3条件以外にも、勉強なる内容が多い為、興味ある方ぜひ読んでみてください!

 

今回のような筋トレ、ダイエットなどに有益な情報を、投稿していくので、下記のボタンから読者になって頂けると嬉しいです!

 

 

 

インスタグラムもやってます!
ダイエットの時の食事内容・筋トレ日記・ダイエット記録を投稿しているので、フォローして頂けると嬉しいです!

Instagram

 

 

 

お問い合わせ案内

 

パーソナルトレーニングの申し込み・その他質問等、下記のお問い合わせか、又はインスタグラムのDMから受け付けています!

筋肉をつけたい方・痩せたい方・姿勢を良くしたい方などなど…身体を変えたい方お待ちしております!