MARCY FITNESS

論文・本・経験から得たボディメイク・ダイエットの情報を載せていくブログ

超おすすめ筋トレサプリ!クレアチンのメリットとは?

前回の投稿紹介と今回のテーマ紹介
 

前回は、カーボドリンクのメリットについて、投稿しました。

www.marcyworkout.com

 

今まで、節約トレーニーの僕でさえ、これは買ってるっていうサプリについて、お話ししてきましたが、最後に、クレアチンについて、役割と論文での、おすすめについてお話していきます。

 

先に結論を話すと、以下のようになります。

■結論■
効果なしや、デメリットの論文ないんじゃないってぐらい、科学的根拠は、一級品で、効果もかなりいいので、買って損はないと思います!

 

では、これからクレアチンの、体内での役割と、論文をいくつか用いて、紹介していきます。

 

 

クレアチンの役割は、前回の糖質でもお話ししましたが、「体内で使われるエネルギーの1つ」です。

 

一気にたくさんエネルギーを作ってくれるので、大きな力を発揮する時などで使われて、エネルギーになってくれるのが、クレアチンの役割です。

 

レーニングとは、日常生活以上の負荷をかけてあげる事です。

 

つまり大きな力を使うのは、トレーニングする方にとっては、当然の事であるため、クレアチンは必須であり、体内にしっかり量が、満たされていれば、より大きな力を発揮する事が出来るという事です。

 

実際、僕も、筋トレ初期の頃、クレアチンの摂取を初めて、1週間で、ベンチプレスMAX50㎏⇒60㎏と一気に+10㎏MAX更新できて、かなり実感した、サプリでもあります!

 

まぁこれは、僕の個人的な体験なので、全く信憑性が、無いので、これから論文をいくつか紹介します。

 

クレアチンに関する論文

 

 ・2015年のメタ分析論文

下肢の筋力が向上して、3分未満のトレーニングのパフォーマンスを向上させたそうです。

 

・2016年のメタ分析論文

上肢の筋力が向上して、3分未満のトレーニングのパフォーマンスを向上させたそうです。

 

・2017年のRCT論文

クレアチンを摂取したグループの方が、上肢・下肢・体幹の筋肥大を起こし、特に上肢に関して大きく筋肥大したそうです。

 

これらの結果からわかることは、クレアチンは、役割通り、筋力が向上して、その結果、トレーニングの強度が上がるため、筋肥大を起こす可能性が高いことが、分かりました。

 

強度と筋肥大の関係は、こちらの記事をご覧ください。

www.marcyworkout.com

 

これらの結果から、最初の結論に至りました。

 

おすすめクレアチンサプリ

 

クレアチンにもいろいろ種類がありますが、ほとんどの論文では、クレアチンモノハイドレートという種類のクレアチンが使われています。

 

なので、無難にクレアチンモノハイドレートを選ぶといいと思います。

 

正直、モノハイドレート同士であれば大して差は、無いと思いますが、安さ重視で、NOW Foodsの粉タイプタブレットタイプ、両方載せておくので、ぜひ試してみて、MAX更新狙ってみてください!

 

粉タイプは、1日5g~10g未満ほど摂取して、タブレットタイプは、1錠7.5gぐらい入っているのですが、1個が大きいので、気を付けてください(笑)

 

ちなみに、このNOW Foodsという会社は、いろいろサプリを出してますが、どれも破格の値段すぎて、コスパ重視の僕には、優しい会社でよくご利用させて頂いております(笑)

 

今回のような筋トレ、ダイエットなどに有益な情報を、投稿していくので、下記のボタンから読者になって頂けると嬉しいです!

 

インスタグラムもやってます!
ダイエットの時の食事内容・筋トレ日記・ダイエット記録を投稿しているので、フォローして頂けると嬉しいです!

Instagram

 

 

お問い合わせ案内


パーソナルトレーニングの申し込み・その他質問等、下記のお問い合わせか、又はインスタグラムのDMから受け付けています!

筋肉をつけたい方・痩せたい方・姿勢を良くしたい方などなど…身体を変えたい方お待ちしております!