MARCY FITNESS

論文・本・経験から得たボディメイク・ダイエットの情報を載せていくブログ

【カフェインの量によって効果変わる?〘論文シリーズ〙】

前回の投稿と今回のテーマ紹介

 

前回は、レスベラトロールの抗酸化について、1つの論文を紹介しました。

www.marcyworkout.com

 

 今回は、僕が以前の投稿でも紹介した、カフェインについて面白い文献があったので、アウトプット。

※以前のカフェイン投稿については、こちらの記事をご覧ください。

www.marcyworkout.com

 

 では、先に論文シリーズを読む時の注意点をご覧ください。

■注意点■
①1つの事柄に対して1つの論文しか紹介してないので、鵜呑みにしないよう注意

②最後に書く感想は、個人的意見なので、信頼性は皆無と捉えてください

③1つの事柄にいくつか論文が溜まってから、僕が思う、結論を出そうかなと思っていますが、その結論も信頼性は、ないと捉えてご自身でも調べてみましょう。

 

 では、簡単な詳細をどうぞ。

 

論文紹介

 

【時期】

 2019年の論文


【実験対象】

 28人のトレーニング経験者の男性。


【実験内容】

カフェインを、体重1㎏あたり2mg・4mg・6mgを摂取して、量によって筋力・筋持久力にどのような差が出るのか。

 

筋力は、1RMで測定して、筋持久力は、最大筋力60%の最大反復回数で測定。


【結果】

2㎎/㎏で下半身の筋力だけ増加・4or6mg/kgで上半身の筋力も増加。

 

どの量でも、下半身の筋持久力は、向上したが、上半身の筋持久力には、どの量でも特に効果なし。

 

読んだ感想とまとめ

 

 量によって効果が変わるって面白くないですか?(笑)

 

つまり、上記の論文だけで判断すると、全身パフォーマンスを上げたいなら4㎎/kgの量で、充分ってことですね。

 

僕の場合、73×4=292mgですね。

 

これは、コーヒー500mlぐらいの量ですね。

 

カフェインに弱い人もいるので、×4㎎取れない方もいると思います。

 

まぁ、以前のカフェインの投稿でも話した通り、効果あるって言ってもわずかになので、別に無理して取らなくてもいいと思います(笑)

 

ただ、カフェインに強い人は、効果を十分得られるかもですね。

 

僕は、コーヒー500mlとか、全然余裕なんですけど、無理な人はサプリとか使ってみるのをおすすめします。

 

ただ以前の投稿通り、僕個人としては、コーヒーで摂取すると、カフェイン以外も摂取できるし、カフェインで出ていく水分も補充できて脱水も防げるので、飲める人は、コーヒーでいいのでは?(笑)

 

僕は、箱買いして冷蔵庫に保管してます(笑)

 

【参考文献】

What Dose of Caffeine to Use: Acute Effects of 3 Doses of Caffeine on Muscle Endurance and Strength.

 

今回のような筋トレ、ダイエットなどに有益な情報を、投稿していくので、下記のボタンから読者になって頂けると嬉しいです!

 

インスタグラムもやってます!
ダイエットの時の食事内容・筋トレ日記・ダイエット記録を投稿しているので、フォローして頂けると嬉しいです!

Instagram

 

 

 

お問い合わせ案内

 

パーソナルトレーニングの申し込み・その他質問等、下記のお問い合わせか、又はインスタグラムのDMから受け付けています!

筋肉をつけたい方・痩せたい方・姿勢を良くしたい方お待ちしております!