MARCY FITNESS

論文・本・経験から得たボディメイク・ダイエットの情報を載せていくブログ

【筋トレと有酸素運動を組み合わせるってどうなの?〘論文シリーズ〙】

前回の投稿と今回のテーマ紹介
 
前回は、筋肥大週何回がいいのかについて投稿しました。

www.marcyworkout.com

 

今回は、筋トレと有酸素運動を合わせるとどうなるのかについて、アウトプットします。

 

まずは、論文シリーズを読む時の注意点をどうぞ。

■注意点■
①1つの事柄に対して1つの論文しか紹介してないので、鵜呑みにしないよう注意

②最後に書く感想は、個人的意見なので、信頼性は皆無と捉えてください

③1つの事柄にいくつか論文が溜まってから、僕が思う、結論を出そうかなと思っていますが、その結論も信頼性は、ないと捉えてご自身でも調べてみましょう。

 

 では、簡単な詳細をどうぞ。

 

 

論文詳細

 

【時期】

 2012年のメタ分析の論文

※論文の信頼性についての記事はこちらをどうぞ。

www.marcyworkout.com

 

【実験対象】

 21件の論文をメタ分析

 

【実験内容】

 メタ分析なので省略します。

 

【結果】

筋トレと有酸素運動を合わせると、筋トレするだけと比べて、筋力・筋肥大共に、効果が下がる。

 

読んだ感想とまとめ

 

バルク期は、筋トレだけして、極力有酸素運動は、やめようかな(笑)

 

有酸素運動は、基本的には、筋肉が減っていくので、やはり筋肥大目的の人には向いてないかなと。

 

スポーツの身体づくりをする時も、ウエイトの日と練習の日を分けた方がいいかも…?

 

スポーツ現場でトレーナーしている人からお話を聞いても、やはり出来る限りウエイトするなら、ウエイトだけの日を作ってくれと相談しているようですが、監督コーチ陣の了承が得れないのが、今の現状という話をよく聞きます。(個人的な話)

 

練習後に筋トレさせたり、筋トレの後に練習させたりなど、まだまだウエイトトレーニングの重要性が、低く見られているからか、筋トレは、後回しという扱いのように思います。

 

個人的には、ベースの身体が作れてないのに、戦術うんぬんってそれこそどうなの?と思います。

 

まぁ天才と言われる類の人なら、必ずしもウエイトトレーニングをゴリゴリにするかどうかは、また考えるところではあるかもですが、やはり身体づくりを本気でしたいなら、ウエイトだけの日があった方がベストかなと個人的には思います。

 

そもそも天才ってそんなにいないからね(笑)

 

筋トレでパフォーマンスが、落ちる事はありません。

 

落ちたのであれば、やる種目が悪かったのか、やり方が悪かったのかのどちらかでしょう。

 

やれてるつもりでも全然やれてないのが、筋トレなので、それも広まらない原因の1つなのかな~

 

とまぁ、いろいろ語りましたが、僕は、スポーツパフォーマンスアップ専門のトレーナーじゃないので、ちゃんと専門にしてる人は、どう思ってるのかな~(笑)

 

【参考文献】

Concurrent training: a meta-analysis examining interference of aerobic and resistance exercises.

 

今回のような、筋トレ、ダイエットなどに有益な情報を、投稿していくので、下記のボタンから読者になって頂けると嬉しいです!

 

インスタグラムもやってます!
ダイエットの時の食事内容・筋トレ日記・ダイエット記録を投稿しているので、フォローして頂けると嬉しいです!

Instagram

 

【iHerb紹介コード AWY5231】

プロテインなどサプリ買うとき割引されるので、是非使ってみて下さい!

 

 

お問い合わせ案内

 

パーソナルトレーニングの申し込み・その他質問等、下記のお問い合わせか、又はインスタグラムのDMから受け付けています!

筋肉をつけたい方・痩せたい方・姿勢を良くしたい方お待ちしております!